巨人 村田と来シーズンの契約結ばず

巨人 村田と来シーズンの契約結ばず
プロ野球・巨人はホームラン王のタイトルを2回獲得した36歳のベテラン、村田修一選手と来シーズンの契約を結ばないことを発表しました。
村田選手は、プロ15年目の36歳。

平成15年に自由獲得枠で当時の横浜に入団し、平成19年から2年連続でホームラン王のタイトルを獲得しました。

平成23年のオフにFA=フリーエージェントの権利を行使して巨人に移籍し、1年目からレギュラーとしてチームのリーグ3連覇に貢献しました。

移籍6年目の今シーズンは、同じサードのポジションのマギー選手の加入もあり序盤は途中出場が多かったものの、交流戦後にサードで先発出場するようになり、118試合に出場し、打率2割6分2厘、ホームラン14本の成績を残していました。

今シーズン、リーグ4位に終わり、初めてクライマックスシリーズ進出を逃した巨人は来シーズンに向けチームの若返りを図ることにしていて、球団によりますと13日、都内のホテルで村田選手に対し来シーズンの契約を結ばないことを伝えたということです。

村田選手は「はっきりと言ってくださってありがとうございました。球団には感謝しています」と話していたということです。

鹿取義隆ゼネラルマネージャーは「苦渋の決断だった。チームの若返りをはかるためにこういう決断になった」と話しました。

また、村田選手が通算2000本安打まであと135本に迫っていることに触れ、「このまま巨人にいては、先発出場の機会を与えるのが難しい。村田選手の選択肢を広げるのがせめてもの誠意だと思った」と述べました。

球団によりますと村田選手は自由契約となり、今後、移籍先を探すということです。

ホームラン王やベストナインなど受賞

村田修一選手は福岡県出身の36歳。平成15年に自由獲得枠で当時の横浜に入団しました。長打力を持ち味に平成19年から2年連続でホームラン王のタイトルを獲得しました。

そして、平成23年のオフにFA=フリーエージェントの権利を行使して巨人に移籍し、1年目からサードのレギュラーとして3年連続で140試合以上に出場してチームのリーグ3連覇に貢献しました。

また、サードも守備にも定評があり、ベストナイン4回、ゴールデン・グラブ賞を3回受賞しています。

日本代表としては北京オリンピックや2009年のWBC=ワールド・ベースボール・クラシックに出場しました。

移籍6年目の今シーズンは、同じサードのポジションのマギー選手の加入もあり、シーズン序盤は途中出場が多かったものの、交流戦後にサードで先発出場するようになり、118試合に出場し、打率2割6分2厘、ホームラン14本、58打点の成績を残しました。また、プロ15年で通算1865安打を打っていて、2000本安打まであと135本に迫っています。