中国の対米黒字13%近く増加 米の反発も

中国の対米黒字13%近く増加 米の反発も
中国の先月のアメリカに対する貿易黒字は、去年の同じ月よりも13%近く増加し、来月予定されているトランプ大統領の中国訪問を控えて、アメリカ側の反発が強まることも予想されます。
中国の税関総署の発表によりますと、先月の輸出と輸入を合わせた貿易総額は3680億ドルと、去年の同じ月よりも12.7%増えました。

また、輸出が1桁の増加にとどまる一方で、輸入は資源価格の上昇などから18%以上増加し、その結果、貿易黒字は284億ドルと、去年の同じ月に比べて30%余り減少しました。

ただ、アメリカとの貿易に限って見ると280億ドルの黒字となり、黒字額は去年の同じ月を13%近く上回りました。

アメリカのトランプ政権は、自国の貿易赤字の半分を占める中国に対して、アメリカの雇用や輸出を脅かしているなどと強い不満を示しています。

米中両国は、ことし7月に行われた閣僚レベルの経済対話で、貿易の不均衡を是正することで一致したものの、具体的な成果は表れていない形となり、来月予定されているトランプ大統領の中国訪問を控えて、アメリカ側の反発が強まることも予想されます。