ピョンチャン五輪 日本の目標 金含むメダル9個

ピョンチャン五輪 日本の目標 金含むメダル9個
JOC=日本オリンピック委員会の山下泰裕選手強化本部長は、来年2月のピョンチャンオリンピックの日本選手団のメダルの目標について、複数の金を含む9個に設定したことを明らかにしました。
これは、山下選手強化本部長が12日夜、都内で行った講演のなかで明らかにしました。

それによりますと、日本選手団のメダルの目標について、複数の金を含む9個に設定したということです。

そのうえでメダルの候補として、フィギュアスケート男子シングルで2連覇を狙う羽生結弦選手と宇野昌磨選手、スキージャンプ女子の高梨沙羅選手と伊藤有希選手、スピードスケート女子の小平奈緒選手と高木美帆選手、それに団体パシュート、さらに、スキーフリースタイル女子ハーフパイプの小野塚彩那選手とスキーノルディック複合の渡部暁斗選手をあげました。

日本は、冬のオリンピックでは、前回のソチ大会で金1つを含む8個のメダルを獲得しました。複数の金メダル獲得が実現すれば、冬では金5つを含む過去最多の10個のメダルを獲得した1998年の長野大会以来となります。