介護福祉士養成の大学・専門学校 入学者これまでで最少に

介護福祉士養成の大学・専門学校 入学者これまでで最少に
k10011098181_201708130517_201708130518.mp4
介護福祉士を養成する全国の大学や専門学校の今年度の入学者は、外国人留学生が前の年度の2倍に増えた一方、日本人の入学者は大幅に減り、全体では、これまでで最も少なかったことが大学や専門学校で作る団体の調査でわかりました。日本人の若い世代で、介護の仕事を敬遠する傾向が一段と強まっている実情が浮き彫りになっています。
介護福祉士を養成する大学や専門学校で作る「日本介護福祉士養成施設協会」が、全国の372校を対象に行った調査によりますと、今年度の外国人留学生の入学者は合わせて591人に上り、前の年度の2倍に増えました。これは、去年の法改正で、日本で介護福祉士の資格を取得した外国人が、国内の介護現場で働けるようになったことを受けたものと見られています。

一方、日本人の入学者は6667人で、前の年度から11%以上大幅に減り、日本人と外国人を合わせた全体の入学者は7258人と定員の45.7%にとどまり、これまでで最も少なくなりました。介護現場で深刻な人手不足が続くなか、日本人の若い世代で、介護の仕事を敬遠する傾向が一段と強まっている実情が浮き彫りになっています。

日本介護福祉士養成施設協会の澤田豊会長は「介護分野の人材確保には日本人の担い手も増やす必要があり、現場で働く人たちの処遇の改善が不可欠だ」と話しています。