ケニア大統領選で現職再選 野党側は受け入れず暴動懸念

ケニア大統領選で現職再選 野党側は受け入れず暴動懸念
東アフリカのケニアで行われた大統領選挙で、選挙管理委員会は現職のケニヤッタ大統領が勝利したと発表しましたが、野党側は集計に不正があったとして、結果を受け入れない構えで、支持者の暴動が拡大しないか懸念されています。
ケニアの選挙管理委員会は、今月8日に行われた大統領選挙の開票結果を11日発表し、現職のケニヤッタ大統領が再選を果たしました。

得票率は、ケニヤッタ氏が54.27%、野党連合の対立候補オディンガ氏が44.74%でした。勝利宣言を行ったケニヤッタ大統領はオディンガ氏とその支持者に対し、「ともに国を発展させていこう」と連帯を呼びかけました。

しかしオディンガ氏は、集計に不正があったとして、あくまでみずからの勝利を主張し、結果を受け入れない構えです。

ケニアでは10年前、大統領選挙の結果をめぐって大規模な暴動が発生し、1000人以上が死亡していて、今回も野党側の支持者による暴動が各地に拡大しないか懸念されています。

ケニアでは日本が主導して去年、TICAD=アフリカ開発会議が開かれ、日本企業の進出が相次いでいて、日本の外務省は選挙をめぐって治安の悪化に注意するよう呼びかけています。