トランプ米大統領 北朝鮮を再び強くけん制

トランプ米大統領 北朝鮮を再び強くけん制
k10011096661_201708110713_201708110721.mp4
アメリカのトランプ大統領は、北朝鮮に対して「炎と激しい怒りに直面する」と異例の強い口調で警告した先の発言について、「なまぬるい発言だったかもしれない」と述べたうえで「北朝鮮がわれわれへの攻撃を考えているなら不安になるべきだ。想像もしていなかったことが北朝鮮に起きる」と述べて、北朝鮮を再び強くけん制しました。
トランプ大統領は、10日、記者団に対して北朝鮮をめぐって「アメリカを脅すのであれば、炎と激しい怒りに直面する」と異例の強い口調で警告したみずからの発言について「なまぬるい発言だったかもしれない。われわれは軍や多くの国の指導者、みんなから100%支持されている」と述べました。

そのうえで「北朝鮮がわれわれや同盟国への攻撃を考えているなら北朝鮮はとても不安になるべきだ。なぜなら、彼らが想像もしていなかったことが北朝鮮に対して起きるからだ」と述べて、北朝鮮を再び強くけん制しました。

またトランプ大統領は、北朝鮮との対話については「常に検討している。しかし北朝鮮と交渉してもう25年になる」と述べる一方、北朝鮮への先制攻撃を検討しているのかという質問については答えを避けました。

さらに中国については「われわれは中国との貿易で巨額の赤字を出している。しかし中国が北朝鮮の問題で支援してくれれば、貿易の問題も非常に違うように感じられる」と述べ、北朝鮮への働きかけを強めるよう中国に求めました。

これまでの立場を強調

アメリカ国務省のナウアート報道官は、10日の記者会見で、北朝鮮との対話の可能性について問われ、「われわれは北朝鮮が非核化に向けた真剣な行動を取っているか知る必要がある」と述べ、北朝鮮が非核化に向けた行動を取らないかぎり、対話には応じないとのこれまでの立場を強調しました。

そのうえで、「北朝鮮はアメリカに対して、近いうちに席について対話にのぞむという意思を示していない」と指摘し、北朝鮮が先月、2回にわたってICBM=大陸間弾道ミサイルだとする弾道ミサイルを発射したことを非難するとともに、核・ミサイル開発をやめるよう求めました。