東北で局地的に猛烈な雨 土砂災害に警戒を

東北で局地的に猛烈な雨 土砂災害に警戒を
17日は東日本と西日本を中心に晴れて、各地で気温が35度以上の猛暑日となりました。一方、午後からは大気の状態が不安定になり、東北では昼すぎから局地的に猛烈な雨が降ったと見られるほか、近畿や北海道でも激しい雨が降っていて、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水などに警戒を呼びかけています。
気象庁によりますと、17日は東日本と西日本を中心に強い日ざしが照りつけ気温が上がりました。日中の最高気温は群馬県館林市で37度1分、埼玉県鳩山町で36度8分、大分県日田市で36度2分、愛媛県愛南町で36度ちょうど、東京の都心で35度ちょうどと、各地で35度以上の猛暑日となりました。

このうち、東京の都心はことし初めての猛暑日で、全国929の観測点のうち、およそ6割で30度以上の真夏日となりました。

18日も日中の最高気温は、名古屋市と甲府市、鹿児島市で35度と猛暑日が予想されているほか、前橋市と高知市で34度、東京の都心と大阪市で33度と各地で厳しい暑さが続くと予想されていて、気象庁はこまめに水分や休憩を取り、冷房を適切に使うなど熱中症に十分注意するよう呼びかけています。

一方、上空の寒気や湿った空気の影響で、全国的に大気の状態が不安定になり、この時間は北日本や近畿に発達した雨雲がかかっています。午後6時までの1時間には兵庫県が篠山市に設置した雨量計で39ミリ、国土交通省が北海道富良野市に設置した雨量計で32ミリのそれぞれ激しい雨を観測しました。

また、17日は午後から東北でも雨が強まり、秋田県小坂町付近ではレーダーによる解析で、午後2時40分までの1時間におよそ100ミリの猛烈な雨が降ったと見られ、「記録的短時間大雨情報」が発表されたほか、午後4時までの1時間には、岩手県洋野町種市で50ミリの非常に激しい雨を観測しました。

岩手県と滋賀県では、これまでに降った雨で土砂災害の危険性が非常に高まり、自治体が避難勧告を出す目安とされている「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。

北日本ではこのあと数時間は、局地的に1時間に50ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあり近畿でも17日夜遅くにかけて、局地的に1時間に50ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあります。

気象庁は雨量が多くなっている地域を中心に、土砂災害や低い土地の浸水に警戒し、そのほかの地域でも急な激しい雨による浸水や川の増水、落雷や竜巻などの突風にも十分注意するよう呼びかけています。