源頼朝建立の永福寺跡 整備工事が終わる

源頼朝建立の永福寺跡 整備工事が終わる
k10011062251_201707171851_201707171851.mp4
源頼朝が建立したとされる神奈川県鎌倉市にある永福寺跡では、大規模な整備工事が終わり、市民らに向けた説明会が開かれました。
神奈川県鎌倉市にある永福寺跡は、鎌倉時代に源頼朝が建立したとされる寺の跡地で、国の史跡に指定されています。

鎌倉市は、かつてあった建物の基礎部分の復元や庭園の池の再現など、大規模な整備工事が終わったことから、17日、現地で説明会を開きました。

説明会には市民や観光客ら300人余りが集まり、訪れた人たちは学芸員などの説明を聞きながら、阿弥陀堂、二階堂、薬師堂の3つの堂で復元された基礎部分を観察したり、再現された池の周りの遊歩道をめぐったりしました。

訪れた地元の80代の女性は「鎌倉ではなじみの深い頼朝が建てたとされる寺なので、史跡が整備されてよかったです。友人とまた来たいです」と話していました。

鎌倉市教育委員会文化財部の桝渕規彰部長は「永福寺跡が鎌倉の歴史文化の発信拠点として、市民や観光客に親しまれる場所になってもらいたい」と話していました。

永福寺跡は午前9時から午後5時まで訪れることができます。
神奈川県鎌倉市にある永福寺跡は、鎌倉時代に源頼朝が建立したとされる寺の跡地で、国の史跡に指定されています。

鎌倉市は、かつてあった建物の基礎部分の復元や庭園の池の再現など、大規模な整備工事が終わったことから、17日、現地で説明会を開きました。

説明会には市民や観光客ら300人余りが集まり、訪れた人たちは学芸員などの説明を聞きながら、阿弥陀堂、二階堂、薬師堂の3つの堂で復元された基礎部分を観察したり、再現された池の周りの遊歩道をめぐったりしました。

訪れた地元の80代の女性は「鎌倉ではなじみの深い頼朝が建てたとされる寺なので、史跡が整備されてよかったです。友人とまた来たいです」と話していました。

鎌倉市教育委員会文化財部の桝渕規彰部長は「永福寺跡が鎌倉の歴史文化の発信拠点として、市民や観光客に親しまれる場所になってもらいたい」と話していました。

永福寺跡は午前9時から午後5時まで訪れることができます。