きょうからAPEC貿易担当閣僚会合 自由貿易圏づくり焦点

きょうからAPEC貿易担当閣僚会合 自由貿易圏づくり焦点
k10010988361_201705200621_201705200622.mp4
APEC=アジア太平洋経済協力会議の貿易担当の閣僚会合が20日からベトナムで始まりますが、加盟国のアメリカが2国間での貿易協定を重視する方針を打ち出す中、これまで目指してきた域内の自由貿易圏づくりで各国の足並みがどこまでそろうかが焦点となります。
日本やアメリカなど太平洋を囲む21の国と地域が参加するAPECの貿易担当の閣僚会合はベトナムのハノイで20日から始まり、日本からは世耕経済産業大臣が出席します。

APECは、加盟する国と地域全体で貿易の自由化を目指す構想を掲げていて、TPP=環太平洋パートナーシップ協定など多国間の経済連携の枠組みを構想の基礎にするとしてきました。しかし、アメリカがTPPからの離脱を決めたことから、今回の会合では、今後、域内の自由貿易圏づくりをどう進めていくかについて議論が行われます。

日本としてはアメリカを除く11か国での発効を目指しているTPPなどをもとに、引き続き域内で自由度の高い貿易ルールを実現することが重要だと訴える方針です。しかし、アメリカが、多国間ではなく2国間の貿易協定を重視する方針を打ち出しているうえ、ベトナムなどもアメリカを除いた多国間の枠組みには慎重で、各国の足並みがどこまでそろうかが焦点となります。

APECの貿易担当の閣僚会合は21日まで開かれます。