大相撲夏場所 稀勢の里4勝目 高安は初黒星

大相撲夏場所 稀勢の里4勝目 高安は初黒星
k10010988011_201705192032_201705192034.mp4
大相撲夏場所は6日目、18日に白星を先行させた横綱・稀勢の里は平幕の大栄翔に勝ち4勝目を挙げました。初日から5連勝の3人のうち、白鵬と日馬富士の2横綱は6連勝としましたが、大関昇進を目指す高安は玉鷲との関脇どうしの一番に敗れ、初黒星を喫しました。
関脇どうしの一番、高安に玉鷲は玉鷲が押し出しで圧勝。高安は初黒星を喫しました。高安は取組後は終始無言でした。
一方、玉鷲は「気持ちいいですね。全勝を止めるのは。自分の立ち合いができた」とうれしそうに話していました。

嘉風に琴奨菊は嘉風が肩すかしで勝ちました。

千代の国に大関・照ノ富士は照ノ富士が押し出し。

大関・豪栄道に御嶽海は豪栄道が下手投げで4勝目。豪栄道は「順調にきていると思う。本場所の土俵で相撲を取って勘を戻すのが1番」と話していました。

大栄翔に横綱・稀勢の里は稀勢の里が浴びせ倒しで勝ちました。稀勢の里は立ち合いで左を差して前に出て、回り込む相手に圧力をかけ続けて勝ちました。稀勢の里は取組後の質問にはうつむきながら言葉少なでした。

横綱・白鵬に遠藤は白鵬が押し出しで6連勝。白鵬は突き押しで攻め続けながら、遠藤をいなしたり泳がせたりして圧倒して勝ちました。白鵬は「まわしを取るにこしたことはないが、立ち合いがよかったから一気に突いて最後までいった」と話していました。

碧山に横綱・日馬富士は日馬富士が寄り切りで6連勝としました。日馬富士は前みつを引いて一気に前に出る万全の相撲で碧山を難なく退けました。
日馬富士は「一日一日、全身全霊で取っています」と充実感を漂わせながら話していました。

夏場所は6日目を終えて、白鵬と日馬富士の2横綱が6連勝、関脇の高安と平幕の大翔丸、新入幕の阿武咲の3人が1敗で続いています。

中入り後の主な勝敗

関脇どうしの一番、高安に玉鷲は玉鷲が押し出しで圧勝。高安は初黒星を喫しました。高安は取組後は終始無言でした。
一方、玉鷲は「気持ちいいですね。全勝を止めるのは。自分の立ち合いができた」とうれしそうに話していました。

嘉風に琴奨菊は嘉風が肩すかしで勝ちました。

千代の国に大関・照ノ富士は照ノ富士が押し出し。

大関・豪栄道に御嶽海は豪栄道が下手投げで4勝目。豪栄道は「順調にきていると思う。本場所の土俵で相撲を取って勘を戻すのが1番」と話していました。

大栄翔に横綱・稀勢の里は稀勢の里が浴びせ倒しで勝ちました。稀勢の里は立ち合いで左を差して前に出て、回り込む相手に圧力をかけ続けて勝ちました。稀勢の里は取組後の質問にはうつむきながら言葉少なでした。

横綱・白鵬に遠藤は白鵬が押し出しで6連勝。白鵬は突き押しで攻め続けながら、遠藤をいなしたり泳がせたりして圧倒して勝ちました。白鵬は「まわしを取るにこしたことはないが、立ち合いがよかったから一気に突いて最後までいった」と話していました。

碧山に横綱・日馬富士は日馬富士が寄り切りで6連勝としました。日馬富士は前みつを引いて一気に前に出る万全の相撲で碧山を難なく退けました。
日馬富士は「一日一日、全身全霊で取っています」と充実感を漂わせながら話していました。

夏場所は6日目を終えて、白鵬と日馬富士の2横綱が6連勝、関脇の高安と平幕の大翔丸、新入幕の阿武咲の3人が1敗で続いています。