プロ野球 広島が今季初3連敗 楽天は初の2連敗

プロ野球 広島が今季初3連敗 楽天は初の2連敗
プロ野球は5試合が行われ、セ・リーグ首位の広島は今シーズン初の3連敗。パ・リーグも首位・楽天が2試合連続のサヨナラ負けで今シーズン初の2連敗でした。
ソフトバンク対楽天は、ソフトバンクが延長12回、4対3でサヨナラ勝ちしました。
ソフトバンクは3点を追う6回、内川選手の2点タイムリーと松田選手のタイムリーで追いつき、延長12回、デスパイネ選手の犠牲フライでサヨナラ勝ちしました。ソフトバンクは4連勝です。
楽天は2試合連続のサヨナラ負けで、今シーズン初の2連敗です。

西武対日本ハムは、西武が9対0で勝ちました。
西武は、先発の菊池投手が日本ハム打線をヒット1本に抑えて三振12個を奪う好投で4年ぶりの完封勝利で、今シーズン、2勝目を挙げました。打線は、秋山選手の先頭打者ホームランで先制し、3回には4番・中村選手がスリーラン、6回には秋山選手がこの日2本目のホームラン打つなどし、9点を挙げました。
日本ハムは今シーズン、2回目の6連敗で、負け越しが10になりました。

パ・リーグ

ソフトバンク対楽天は、ソフトバンクが延長12回、4対3でサヨナラ勝ちしました。
ソフトバンクは3点を追う6回、内川選手の2点タイムリーと松田選手のタイムリーで追いつき、延長12回、デスパイネ選手の犠牲フライでサヨナラ勝ちしました。ソフトバンクは4連勝です。
楽天は2試合連続のサヨナラ負けで、今シーズン初の2連敗です。

西武対日本ハムは、西武が9対0で勝ちました。
西武は、先発の菊池投手が日本ハム打線をヒット1本に抑えて三振12個を奪う好投で4年ぶりの完封勝利で、今シーズン、2勝目を挙げました。打線は、秋山選手の先頭打者ホームランで先制し、3回には4番・中村選手がスリーラン、6回には秋山選手がこの日2本目のホームラン打つなどし、9点を挙げました。
日本ハムは今シーズン、2回目の6連敗で、負け越しが10になりました。

セ・リーグ

ヤクルト対広島は、ヤクルトが3対1で勝ちました。
ヤクルトは、先発の石川投手がランナーを出しながらも要所を締め、7回1失点で2勝目を挙げ、チームの連敗を3で止めました。打線は2回に西田選手のタイムリーで先制し、4回に大引選手のタイムリー、5回には荒木選手のホームランで追加点を奪いました。
セ・リーグ首位の広島は3連敗です。

巨人対阪神は、阪神が4対1で勝ちました。
阪神は1回、4番の福留選手のスリーランホームランで先制し、5回には押し出しのフォアボールで1点を追加しました。先発のメッセンジャー投手は8回を1失点、三振10個を奪う好投で開幕から3連勝です。チームは連敗を2で止めました。巨人は犠牲フライによる1点だけと打線に元気がなく、連勝が4で止まりました。

DeNA対中日は、延長12回、規定により2対2で引き分けました。
中日は1点を追う4回、4番・平田選手のタイムリーツーベースで追いつき、その後、再び1対2とリードされましたが、9回、2アウトから平田選手がホームランを打って追いつきました。
DeNAは、先発のウィーランド投手が8回を1失点と好投しましたが、抑えのパットン投手が1点のリードを守れませんでした。