男子ゴルフ 大堀裕次郎が2位に浮上

男子ゴルフ 大堀裕次郎が2位に浮上
男子ゴルフの国内ツアーの大会は、千葉県野田市で第2ラウンドが行われ、初優勝を目指す大堀裕次郎選手がスコアを6つ伸ばして、トップと2打差の2位に浮上しました。
この大会は、アジアツアーを兼ねて行われていて、25歳の大堀選手は20日の第2ラウンドを1アンダーの29位でスタートしました。
大堀選手は、バーディー7つ、ボギー1つでスコアを6つ伸ばし、通算7アンダーとしてトップと2打差の2位に浮上しました。

首位でスタートしたアメリカのジェイソン・クヌートン選手はバーディー4つ、ボギー2つとスコアを2つ伸ばして、通算9アンダーで単独トップを守っています。

2位でスタートした小平智選手はバーディー1つ、ボギー1つでスコアを伸ばせず、トップと4打差の5アンダーで6位に後退しました。

6位には岩田寛選手、宮本勝昌選手など5人が並んでいます。去年の賞金王、池田勇太選手はスコアを2つ伸ばし、通算でイーブンに戻しましたが、トップと9打差の46位となっています。