JKビジネス店長逮捕 従業員少女にわいせつ行為の疑い

JKビジネス店長逮捕  従業員少女にわいせつ行為の疑い
k10010957081_201704212151_201704212152.mp4
制服姿の女子高校生と会話できるなどとうたった、JKビジネスの店長が、従業員だった16歳の少女にわいせつな行為をしたとして警視庁に逮捕されました。
逮捕されたのは、東京・豊島区東池袋にあった、占いの館フォーチュンエッグの店長、前川健容疑者(33)です。

警視庁によりますと、前川容疑者は去年12月、制服姿の女子高校生と会話できるなどとうたったこの店の従業員で、当時高校1年生だった16歳の少女とわいせつな行為をした、児童福祉法違反の疑いが持たれています。

被害に遭った少女は、家出をして、この店で働いていましたが、前川容疑者に「働けなくするぞ」などと言われ拒みきれなかったということです。

調べに対し、前川容疑者は容疑を認め「酒に酔った勢いだった」などと供述しているということです。

JKビジネスをめぐっては、裏オプションと呼ばれる性的なサービスが一部で行われ、児童買春の温床になっているとして、18歳未満の接客の禁止などを盛り込んだ新たな条例が、先月成立しています。