自民 中川議員に21日中の離党届提出促す方針

自民 中川議員に21日中の離党届提出促す方針
k10010956431_201704211210_201704211210.mp4
自民党は、女性問題で経済産業政務官を辞任した中川俊直衆議院議員について幹部が対応を協議し、今後の国会審議への影響などを踏まえて、中川氏に対し、21日中に離党届を提出するよう促す方針を確認しました。
自民党の中川俊直衆議院議員が、先に女性問題で経済産業政務官を辞任したことを受け、20日の参議院経済産業委員会の審議が取りやめになったのに続いて、21日は、予定されていた衆議院経済産業委員会が開かれませんでした。

こうした事態を受けて、自民党の役員連絡会の冒頭、高村副総裁は「政府与党に、緩み、たるみ、不届き者が出ないよう、一人一人が身を律していくことが大切だ」と述べました。
これに対し、出席した萩生田官房副長官は「いろいろとご迷惑をおかけして、おわび申し上げたい」と述べました。

このあと、自民党の幹部が対応を協議し、今後の国会審議への影響などを踏まえて、中川氏に対し、21日中に離党届を提出するよう促す方針を確認しました。
幹部の1人は「21日中に、それなりの決着をするだろう」と述べました。

また、中川氏が所属する細田派の幹部も対応を協議し、派閥としても、中川氏に対して、21日中に離党届を提出するよう働きかけることで一致しました。
出席者の1人は「派閥としてはしばらく様子を見たかったが、それではすまない。本人に離党届を出すようにしてもらう。議員辞職まではいかない」と述べました。

民進 小川参院議員会長「即刻議員辞職を」

民進党の小川敏夫参議院議員会長は、党の参議院議員総会で、「国会は、国民の負託を受けて、国権の最高機関としての職務を行うところであり、決して『桃色遊戯』を行うところではない。国会議員は、最低限の社会一般常識を持っていなければならないが、そうした期待に応えられずに、国民の信頼をなくした人は、即刻、議員を辞職してもらいたい」と述べました。

自民 二階幹事長 国会審議への影響好ましくない

自民党の二階幹事長は記者会見で、「今のところ中川氏から会いたいという話はない。いつまでもこの問題だけで国会審議が延び延びになることは好ましいことではないので、そうならないように努力する」と述べました。
また、二階氏は、中川氏が離党すべきかどうかについて「私が独断で決めることではなく、党内の情勢を見て判断しなければならない」と述べました。