マニラで日本人の会社員が銃で撃たれ死亡

マニラで日本人の会社員が銃で撃たれ死亡
k10010956211_201704210947_201704210948.mp4
フィリピンの首都マニラで20日夜、仕事で現地を訪れていた日本人の48歳の男性がバイクに乗った2人組に銃で撃たれて殺害され、警察は男性が何らかのトラブルに巻き込まれた可能性もあると見て、逃げた2人組の行方などを捜査しています。
フィリピンの首都マニラの幹線道路で20日夜、バイクに乗った2人組が信号待ちをしていた乗用車に後ろから近づき、突然、銃を数発発砲しそのまま逃げました。

現地の警察によりますと乗用車には日本人の男性4人とフィリピン人の男性2人の合わせて6人が乗っていて、この銃撃で愛知県の会社員の水野成規さん(48)が死亡したということです。ほかの日本人3人にけがはないということです。

水野さんは仕事でマニラ近郊にある工場団地を視察するために20日フィリピンに入国し、事件当時は同行していたほかの企業の担当者ら10数人と現場近くのレストランで食事をしたあと移動する途中だったということです。

現地の警察は水野さんが何らかのトラブルに巻き込まれた可能性もあると見て、逃げた2人組の行方や事件の詳しいいきさつなどを捜査しています。