国連安保理 北朝鮮非難の声明を全会一致で発表

国連安保理 北朝鮮非難の声明を全会一致で発表
k10010956161_201704210612_201704210614.mp4
北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて国連の安全保障理事会は日本時間の21日未明、北朝鮮を非難する声明を全会一致で発表しました。アメリカのヘイリー国連大使は「今後あらゆる手段を検討しなければならない」と述べ北朝鮮に断固として対応する姿勢を強調しました。
北朝鮮は今月16日東部から弾道ミサイル1発を発射し、直後に爆発して失敗したと見られています。

これを受けて国連の安保理では、議長国のアメリカが北朝鮮を非難する報道機関向けの声明の草案を作り、19日メンバー国に提示しました。

この草案では「朝鮮半島の非核化と平和的解決を目指す」とする部分で、以前の声明にあった「対話を通じて」という文言が削除されていて、これにロシアが異議を唱えたためこの日の声明の発表は見送られました。

しかしその後の調整で、アメリカがロシアの主張を受け入れてこの文言を加えたことから、安保理は日本時間の21日未明、声明を全会一致で発表しました。

アメリカのヘイリー国連大使は記者団に対し「ロシアはしょっちゅう異議を唱えるので驚かない」と皮肉ったうえで「声明は北朝鮮のミサイル発射や核実験を誰も見たくないことを明確にしており、今後、制裁やその他のあらゆる手段を検討しなければならない」と述べ北朝鮮に断固として対応する姿勢を強調しました。

官房長官 安保理決議の厳格な履行求める

菅官房長官は、閣議のあとの記者会見で、「今回の声明は、北朝鮮による核・ミサイル開発を容認しない安保理の一致した姿勢を示すものだ。アメリカや韓国と緊密に連携しつつ、北朝鮮に対して、挑発行動の自制や安保理決議を厳格に全面的に履行することを、わが国として強く求めていきたい」と述べました。

また、菅官房長官は、記者団が「北朝鮮問題を処理する枠組みである6か国協議はなお有効と考えるか」と質問したのに対し、「会議自体は有効な枠組みだが、現時点で直ちに開くような状況ではない。まずは、今月25日に東京で、日米韓の首席代表による会合を開催し、日米韓の連携の在り方を議論し、しっかり政策をすり合わせたい」と述べました。

外相 安保理の声明を歓迎

岸田外務大臣は閣議のあと記者団に対し、「16日の弾道ミサイル発射を強く非難するとともに、北朝鮮が安保理決議に違反する、さらなる行動を直ちに停止し、決議を完全に履行することを要求するとする安保理の声明が発出されたことは歓迎したい」と述べました。
そのうえで、岸田大臣は、北朝鮮とロシア極東の間に、北朝鮮の貨客船マンギョンボン(万景峰)号が運航する定期航路が開設されることに関連し、「第3国の事業について申し上げるのは控えるが、ロシアには、責任ある安保理の理事国として、責任ある行動を求めていきたい」と述べました。

韓国 全会一致での発表を評価

国連の安全保障理事会が北朝鮮を非難する声明を発表したことについて、韓国外務省は21日にコメントを出しました。

この中で「北が追加の核実験を行わないよう初めて求めたものだ。挑発を行った場合のさらなる重大な措置に制裁が含まれることも明示され、安保理として、より能動的に対応するという強い意志を表明した」として、中国やロシアを含め全会一致で発表した声明を評価しました。