大阪市 森友学園に保育士確保するよう改善勧告へ

大阪市 森友学園に保育士確保するよう改善勧告へ
学校法人「森友学園」の籠池前理事長の妻が園長を務める認可保育園が運営に必要な保育士を確保できなくなっている問題で、大阪市の吉村市長は、21日に保育士を確保するよう「改善勧告」を出す考えを示しました。
学校法人「森友学園」の籠池前理事長の妻が園長を務める大阪・淀川区の認可保育園「高等森友学園保育園」では、運営に必要な保育士が確保できなくなっていて、大阪市が今月5日から臨時で保育士を派遣していますが、派遣は今月28日で打ち切られる方針です。

これについて、吉村市長は20日の記者会見で、「運営を続けたいと言われても、保育士を自力で確保できないなら認めるわけにはいかない。保育士確保の見通しが厳しい場合は、行政として『改善勧告』を行う」と述べ、21日に運営に必要な保育士を確保するよう「改善勧告」を出す考えを示しました。

そのうえで、吉村市長は「1週間程度で改善がなければ『改善命令』を出す。これにも応じない場合は、審議会の意見を聞き、運営の継続が困難と判断すれば『事業停止命令』を出すことになる」と述べました。

一方、吉村市長はこの保育園に通う保護者向けの説明会を今月25日に淀川区役所で開き、ほかの保育園への転園などについての聞き取りを行うことを明らかにしました。