スノーボード 大麻使用の選手 更生プログラムから離脱

スノーボード 大麻使用の選手 更生プログラムから離脱
k10010954601_201704200450_201704200455.mp4
スノーボードの当時未成年だった男子選手2人が、海外で大麻を使用し、全日本スキー連盟から競技者登録の無期限停止などの処分を受けた問題で、このうちの1人で国際大会で実績のある20歳の選手が、処分期間中に海外のプロの大会に出場し、連盟の更生プログラムから離脱していたことが、関係者への取材でわかりました。
この問題は、去年4月、全日本スキー連盟の強化指定選手だったスノーボードの当時未成年の男子選手2人が、遠征先のアメリカ・コロラド州で大麻を使用していたことがわかったものです。
遠征先は大麻の使用が合法的に認められている地域でしたが、連盟では倫理的に問題があるとして、2人を競技者登録の無期限停止などの処分とし、ボランティア活動などの更生プログラムを組んで、来年のピョンチャンオリンピックを目指すことが可能になるよう指導していました。

しかし、関係者によりますと、このうち現在20歳の選手が、処分期間中のことし1月に海外で行われたプロの大会に出場して、更生プログラムから離脱したということです。
この選手は国際大会で上位に入るなど実績のある選手でしたが、連盟では、更生プログラムから離脱したことを重く見て、処分を継続する方針を固めたということです。

一方、もう1人の選手については、20日に開く理事会で処分の解除を検討することにしています。