五輪相 霞ヶ関カンツリー倶楽部の決定を歓迎

五輪相 霞ヶ関カンツリー倶楽部の決定を歓迎
丸川オリンピック・パラリンピック担当大臣は閣議のあとの記者会見で、東京大会のゴルフの競技会場である霞ヶ関カンツリー倶楽部が女性を正会員として認める決定をしたことを歓迎したうえで、大会の成功に向け、暑さ対策などを講じていく考えを示しました。
東京オリンピックのゴルフの競技会場となっている埼玉県川越市の霞ヶ関カンツリー倶楽部は、IOC=国際オリンピック委員会などからの指摘を受けて、規約を変更して女性を正会員として認めることを決めました。

これについて、丸川オリンピック・パラリンピック担当大臣は閣議のあとの記者会見で、「ゴルフのメジャー大会を行う競技会場では、ここ数年の間に、女性会員を認める方向で世界的に動いており、こうした世界の潮流も踏まえての決断だと理解している」と述べ、歓迎する意向を示しました。
そのうえで、丸川大臣は「暑さ対策や長距離の輸送の問題は、引き続き課題だと認識しているので、組織委員会や競技団体、東京都との連携の中で、しっかり解決していきたい」と述べました。