防衛相 特別防衛監察の途中経過報告も検討

防衛相 特別防衛監察の途中経過報告も検討
k10010918821_201703211215_201703211227.mp4
稲田防衛大臣は、閣議のあと記者団に対し、陸上自衛隊が南スーダンのPKO部隊の日報のデータを保管していた問題で、適切な時期に「特別防衛監察」の途中経過を国会に報告することも含めて検討する考えを示しました。
防衛省は、南スーダンのPKO部隊の日報について、陸上自衛隊が破棄し、その後、別の部署で見つかったと説明していますが、実際には陸上自衛隊がデータを保管していたことがわかり、稲田防衛大臣は、独立性が高い「特別防衛監察」の実施を指示しました。

これについて、稲田大臣は閣議のあと記者団に対し、「中立や公正性、事実関係の徹底解明が非常に重要で、すでに『特別防衛監察計画』を承認し、開始している」と述べました。そのうえで、稲田大臣は「できるだけ早く結果を報告するよう指示しており、国会で中間報告を求める要請もあったので、適宜適切に何らかの報告をすることも検討していきたい」と述べ、適切な時期に「特別防衛監察」の途中経過を国会に報告することも含めて検討する考えを示しました。