パク前大統領 きょう検察に出頭へ 初の事情聴取

パク前大統領 きょう検察に出頭へ 初の事情聴取
k10010918531_201703210508_201703210509.mp4
韓国のパク・クネ(朴槿恵)前大統領は、サムスングループから賄賂を受け取った疑いなど一連の事件をめぐる事情聴取に応じるため、21日午前、検察に出頭する見通しです。初めて事情聴取に応じるパク氏は、容疑を全面的に否認するものと見られます。
韓国のパク前大統領は、今月10日に憲法裁判所の決定によって罷免され、刑事訴追されない特権がなくなりました。

これを受けて、検察は一連の事件をめぐる任意の事情聴取を行うため、パク氏に21日午前9時半に、ソウル中央地方検察庁に出頭するよう求めています。

パク氏の弁護士は「特別な事情がないかぎり、積極的に捜査に協力する」としていて、パク氏は21日、初めて検察の事情聴取に応じる見通しです。

検察によりますと、パク氏は長年の知人、チェ・スンシル(崔順実)被告と共謀して、最大の財閥、サムスングループから約束分も含めて、43億円余りの賄賂を受け取った収賄の疑いや、チェ被告が深く関わる2つの財団に資金を拠出するよう、企業に圧力をかけた職権乱用と強要の疑いなど、合わせて13の容疑が持たれています。

パク氏は、これまで弁護士やメディアを通じて一連の事件への関与を否定し、大統領府から去った際には「時間はかかるだろうが、真実は必ず明らかになると信じている」とするコメントを発表しています。このため、21日の事情聴取でも、改めて容疑を全面的に否認するものと見られ、聴取は長時間に及ぶ可能性があります。

一方、パク氏を支持する保守派の人たちは憲法裁判所の決定だけでなく、検察の捜査にも強く反発していて、警察は21日の聴取をめぐり、衝突や混乱が起きないよう、検察庁の周りで厳しい警備態勢を取ることにしています。

パク前大統領 13の容疑

韓国の検察は、パク前大統領について、収賄や職権乱用など、合わせて13の容疑で事情聴取する見通しです。

検察によりますと、パク氏は長年の知人、チェ被告と共謀して、最大の財閥、サムスングループから約束分も含めて、43億円余りの賄賂を受け取った収賄の疑いや、チェ被告が深く関わる2つの財団に資金を拠出するよう、企業に圧力をかけた職権乱用と強要の疑いが持たれています。

また、前の秘書官と共謀して、大統領府の内部文書をチェ被告に渡したとして公務上の秘密を漏えいした疑いや、前の文化体育観光相らと共謀して、政権に批判的な映画監督など文化人の名簿を作成したうえで、公的な支援を打ち切ったとして職権乱用の疑いが持たれています。

繰り返される大統領経験者への捜査

韓国の大統領は憲法で、在任中は逮捕・起訴されませんが、退任したあとに検察から事情聴取を受けたり、その後、逮捕・起訴されたりする事件が繰り返されてきました。

チョン・ドゥファン(全斗煥)氏とノ・テウ(盧泰愚)氏は、大統領になる前に起きたクーデターへの関与や、大統領在任中の不正蓄財をめぐって、1995年、検察に反乱の罪や収賄の罪などで起訴されました。

1審で死刑判決を受けたチョン・ドゥファン氏は、最高裁判所で無期懲役が確定し、ノ・テウ氏は、懲役17年の判決が確定しましたが、その後、当時のキム・ヨンサム(金泳三)大統領が出した特赦によって釈放されました。

また、ノ・ムヒョン(盧武鉉)氏は、親族が後援者から不正な資金を受け取ったとして逮捕された事件で、退任後の2009年、検察の事情聴取を受けました。10時間以上におよんだ事情聴取で、ノ・ムヒョン氏は事件への関与を否定しましたが、事情聴取を受けた3週間後、検察が起訴するかどうかを決める前に、自宅の裏山から飛び降りて自殺しました。