大相撲春場所 稀勢の里と高安 9連勝で並ぶ

大相撲春場所 稀勢の里と高安 9連勝で並ぶ
k10010918311_201703202033_201703202036.mp4
大相撲春場所は9日目、新横綱の稀勢の里は先場所、唯一の黒星を喫した関脇・琴奨菊に突き落としで勝ち、9連勝としました。関脇・高安も、平幕の豪風をはたき込みで退け、同じく9連勝です。
中入り後の主な勝敗です。

小結どうしの一番、御嶽海に正代は、御嶽海が寄り切りで勝ちました。

豪風に高安は、高安がはたき込みで9連勝。
高安は「稽古場でやっている相手だから、取り口は頭に入っていた。焦らないで取ることだけ考えた。最後もいい反応だった。ここから1日1日です」と、堂々と話していました。

玉鷲に蒼国来は、蒼国来が送り出しで勝ちました。

勢に大関・照ノ富士は、照ノ富士が寄り切りで勝ち越しを決め、角番を脱出しました。勢は負け越しです。

琴奨菊に横綱・稀勢の里は、稀勢の里が突き落とし。稀勢の里は、琴奨菊の当たりで土俵際まで後退しましたが、こらえて、左からの突き落としで勝ち、9連勝としました。
稀勢の里は「ぎりぎりのところだった。思った以上に来ましたね」と相手の圧力を認めていました。
一方、琴奨菊は「しかたない。しっかり切り替えて、あすに向けて頑張る」と話していました。

横綱・日馬富士に荒鷲は、荒鷲が寄り切りで勝ちました。荒鷲は右四つからの下手投げで横綱の体勢を崩し、そのまま寄り切りました。金星を挙げた荒鷲は2勝目です。
3敗目を喫した日馬富士は「気持ちを切り替えて、あすの一番に集中する」と話していました。
一方、荒鷲は「よかった。うれしいです」と笑顔でした。

宝富士に横綱・鶴竜は、鶴竜が寄り切りで勝ち7勝目を挙げました。鶴竜は左ののど輪で相手の上体を起こし、もろ差しになると一気に前に出て勝ちました。
鶴竜は「自分から相撲が取れた。とにかく先手先手ですね」と振り返っていました。

春場所は9日目を終えて、稀勢の里と高安が勝ちっ放しで並び、1敗で照ノ富士と栃煌山、2敗で鶴竜と千代翔馬が続く展開となっています。
中入り後の主な勝敗です。

小結どうしの一番、御嶽海に正代は、御嶽海が寄り切りで勝ちました。

豪風に高安は、高安がはたき込みで9連勝。
高安は「稽古場でやっている相手だから、取り口は頭に入っていた。焦らないで取ることだけ考えた。最後もいい反応だった。ここから1日1日です」と、堂々と話していました。

玉鷲に蒼国来は、蒼国来が送り出しで勝ちました。

勢に大関・照ノ富士は、照ノ富士が寄り切りで勝ち越しを決め、角番を脱出しました。勢は負け越しです。

琴奨菊に横綱・稀勢の里は、稀勢の里が突き落とし。稀勢の里は、琴奨菊の当たりで土俵際まで後退しましたが、こらえて、左からの突き落としで勝ち、9連勝としました。
稀勢の里は「ぎりぎりのところだった。思った以上に来ましたね」と相手の圧力を認めていました。
一方、琴奨菊は「しかたない。しっかり切り替えて、あすに向けて頑張る」と話していました。

横綱・日馬富士に荒鷲は、荒鷲が寄り切りで勝ちました。荒鷲は右四つからの下手投げで横綱の体勢を崩し、そのまま寄り切りました。金星を挙げた荒鷲は2勝目です。
3敗目を喫した日馬富士は「気持ちを切り替えて、あすの一番に集中する」と話していました。
一方、荒鷲は「よかった。うれしいです」と笑顔でした。

宝富士に横綱・鶴竜は、鶴竜が寄り切りで勝ち7勝目を挙げました。鶴竜は左ののど輪で相手の上体を起こし、もろ差しになると一気に前に出て勝ちました。
鶴竜は「自分から相撲が取れた。とにかく先手先手ですね」と振り返っていました。

春場所は9日目を終えて、稀勢の里と高安が勝ちっ放しで並び、1敗で照ノ富士と栃煌山、2敗で鶴竜と千代翔馬が続く展開となっています。