彼岸の墓参りの車転落 82歳弟死亡 87歳兄運転誤ったか

彼岸の墓参りの車転落 82歳弟死亡 87歳兄運転誤ったか
k10010918221_201703201811_201703201812.mp4
20日午前、宮城県気仙沼市の寺で、彼岸の墓参りに来ていた高齢の兄弟が乗った軽乗用車がおよそ6メートル下の崖下に転落し、1人が死亡、1人がけがをしました。運転していた87歳の兄は「アクセルとブレーキペダルの間に靴が挟まってしまった」と話しているということで、警察は運転操作を誤ったと見て調べています。
20日午前10時すぎ、宮城県気仙沼市東中才の「興福寺」で、軽乗用車が墓地の中を通る道路から脇にあるおよそ6メートル下の崖下に転落しました。

軽乗用車には気仙沼市錦町の村上一郎さん(87)と弟の隆治さん(82)の2人が乗っていて、後ろの座席にいた弟の隆治さんが全身を強く打っておよそ2時間後に死亡しました。また、運転していた兄の一郎さんも腰を打つ軽いけがをしました。

警察によりますと、兄弟は彼岸の墓参りに来て帰る途中だったということで、運転していた一郎さんは「アクセルとブレーキペダルの間に靴が挟まってしまった」と話しているということです。

警察は運転操作を誤ったと見て詳しい状況を調べています。