トランプ大統領 北朝鮮のキム委員長を強く非難

トランプ大統領 北朝鮮のキム委員長を強く非難
k10010917911_201703201019_201703201019.mp4
アメリカのトランプ大統領は、弾道ミサイルに使用する新型の大出力エンジンの燃焼実験を行うなど挑発行為を繰り返す北朝鮮の問題について、連日、補佐官らと協議し、「極めてひどいふるまいをしている」と述べ、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長を強く非難しました。
ホワイトハウスによりますと、トランプ大統領は、週末の18日と19日、別荘のある南部フロリダ州で、安全保障政策を担当するマクマスター大統領補佐官らと、挑発行為を繰り返す北朝鮮の問題について、連日、協議しました。

そのうえで、トランプ大統領は19日、首都ワシントンに戻る大統領専用機「エアフォース・ワン」の中で記者団に対し、北朝鮮のキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長について、「極めてひどいふるまいをしている」と述べ、強く非難しました。

北朝鮮の核・ミサイル問題に危機感を強めるトランプ政権は、北朝鮮政策の見直しを進め、圧力を強化していきたい考えで、ティラーソン国務長官が日本、韓国、中国を訪問し、対応を協議していました。

しかし、北朝鮮は、弾道ミサイルに使用する新型の大出力エンジンの燃焼実験を地上で行い、成功したと発表し、朝鮮中央テレビが放送した写真にはキム委員長が満面の笑みを浮かべている様子などが写っていて、トランプ大統領としては不満を募らせているものと見られます。