日報の使用記録 議員の要求直後に陸自がデータ消去

日報の使用記録 議員の要求直後に陸自がデータ消去
k10010914591_201703170508_201703170510.mp4
南スーダンのPKO部隊の日報を陸上自衛隊が保管していた問題で、陸上自衛隊は先月、国会議員から日報に関するコンピューターの使用記録の提出を求められた直後にデータを消去していたことが防衛省幹部への取材でわかりました。幹部の1人は、「日報のデータの存在が発覚しないよう消去することになった」と証言しています。
南スーダンで大規模な武力衝突が起きた際のPKO部隊の日報について、防衛省は、陸上自衛隊が破棄し、その後、別の部署で見つかったと説明していますが、実際には陸上自衛隊の司令部に日報のデータが保管されていました。

これについて、陸海空の各自衛隊を運用する統合幕僚監部の防衛官僚が、ことし1月下旬、「今さら言えない」などと言って、公表しない方針を伝えてきたということです。

さらに、先月になって、陸上自衛隊は、国会議員から日報に関するコンピューターの使用記録の提出を求められ、その直後に、データを消去したことが新たにわかりました。

防衛省幹部によりますと、この時、陸上自衛隊の司令部から複数の端末が持ち出され、データなどが消去されたということです。
幹部の1人は「日報のデータの存在が発覚しないよう消去することになった」と証言しています。

防衛省は、客観的な立場で調査を行う「特別防衛監察」を実施し、詳しいいきさつなどを解明したいとしています。