窃盗の罪 元アナウンサーの裁判 最高裁で有罪判決見直しか

窃盗の罪 元アナウンサーの裁判 最高裁で有罪判決見直しか
k10010880691_201702172151_201702172154.mp4
広島市の民放の元アナウンサーが窃盗の罪に問われている裁判で、最高裁判所で弁論が開かれ、弁護側が無罪を主張したのに対して、検察は上告を退けるよう求めました。弁論は判断を変える際に必要な手続きで、1審と2審の有罪判決が見直される見通しです。
中国放送の元アナウンサー、煙石博被告(70)は、5年前に広島市の銀行で記帳台に置かれていた封筒入りの現金6万円余りを盗んだとして、窃盗の罪に問われています。

裁判で無罪を主張しましたが、1審と2審で封筒の持ち主とされる女性やその母親の証言を基に、懲役1年、執行猶予3年の有罪判決を言い渡され、上告しています。

17日に最高裁判所で双方の主張を聞く弁論が開かれ、弁護側は「証言は不明確で信用できない。封筒に現金が入っていたことを客観的に証明する証拠はなく、1審と2審には重大な事実誤認がある」と改めて無罪を主張しました。

一方、検察は「証言の内容は詳細で一貫していて、信用性は極めて高い」として、上告を退けるよう求めました。

最高裁の弁論は判断を変える際に必要な手続きで、1審と2審の有罪判決が見直される見通しです。

弁論のあと、煙石元アナウンサーは「警察は私が犯人だと決めつけて自白を強要し、裁判所にはとんでもない事実誤認で有罪とされました。私は無実です」と訴えました。