サムスン“トップ”逮捕 大統領側への贈賄など立証に全力

サムスン“トップ”逮捕 大統領側への贈賄など立証に全力
k10010880661_201702171805_201702171806.mp4
韓国最大の財閥、サムスングループの事実上のトップ、サムスン電子のイ・ジェヨン(李在鎔)副会長を逮捕した特別検察官は、18日から調べを本格化させてパク・クネ(朴槿恵)大統領側への贈賄容疑などの立証に全力を尽くす方針を示し、捜査の進展が、パク大統領の弾劾をめぐる憲法裁判所の判断に影響を与えるのか、注目が集まっています。
韓国最大の財閥、サムスングループの事実上のトップ、サムスン電子の副会長を務めるイ・ジェヨン容疑者は、ソウル中央裁判所が19時間に及ぶ審査を行った末に、17日朝、逮捕状を出したのを受け、贈賄や横領などの疑いで特別検察官に逮捕されました。

特別検察官側は、イ副会長が、グループ企業どうしの合併に加えて、グループ内の株式持ち合いに関して、大統領府に不正な協力を求め、それらの見返りにパク・クネ大統領や大統領の長年の知人チェ・スンシル(崔順実)被告の側に巨額の資金を拠出したと見ています。

特別検察官の報道官は、17日午後の記者会見で、「残されている捜査期間中に、まだ詰め切れていない部分を補完し、公判維持に問題がないようにする」と述べ、イ副会長の調べを18日から本格化させて、贈賄容疑などの立証に全力を尽くす方針を示しました。

一方、サムスングループは、「今後、裁判を通じて真実が明らかになるよう最善を尽くす」というコメントを出しましたが、韓国メディアは、「サムスングループ内に動揺が広がっている」と伝えており、17日のサムスン電子の株価は、一時、2%近く下落しました。

イ副会長と、パク大統領やその知人らをめぐる贈収賄容疑の捜査が進展すれば、国民の間でパク大統領に対する批判が改めて高まるとみられ、大統領の弾劾をめぐる憲法裁判所の判断に影響を与えるのか、注目が集まっています。