アスクル物流倉庫火災 鎮火のめど立たず

アスクル物流倉庫火災 鎮火のめど立たず
k10010880091_201702171228_201702171236.mp4
オフィス用品の通販大手「アスクル」の、埼玉県三芳町にある物流倉庫で起きた火災は、発生から丸1日以上がたち、煙の勢いは弱まりましたが、倉庫の壁が崩落するおそれがあることなどから消火活動が思うように進まず、現在も鎮火のめどは立っていないということです。
16日午前9時ごろ、埼玉県三芳町上富にあるオフィス用品の通販大手「アスクル」の物流倉庫で起きた火災は、発生から丸1日以上がたちました。

消火活動は夜を徹して続けられ、17日朝には煙の勢いは弱まりましたが、これまでに倉庫の2階と3階部分の1万5000平方メートルが焼け、現在も鎮火のめどは立っていないということです。

消防によりますと、火災の熱で倉庫の壁がゆがみ崩落のおそれがあることや、商品を保管する棚が大量にあったことから、消火活動が思うように進んでいないということです。

この火災では46歳と36歳の2人の男性従業員が煙を吸い込み、けがをしたということです。

アスクルによりますと、この倉庫にはおよそ7万種類のコピー用紙や文房具などのオフィス用品が保管され、東京など首都圏向けに発送しているということです。

消防は、消火活動を続けるとともに、出火原因を調べることにしています。

一部配送再開も遅れ

火災を受けて、アスクルは16日、個人向けに日用品などを販売するインターネット通販「LOHACO」などで一時、注文の受付と出荷を停止し、北海道や東北の各県、それに関東の1都6県、山梨県、新潟県、長野県、愛知県や静岡県に影響が及びました。

アスクルは、横浜市にある物流センターから商品の出荷をできる態勢が整ったとして、16日午後6時から、在庫がある一部の商品に限って注文の受付を再開していますが、東日本を中心とするこれらの地域では商品の配達に通常より2日程度多くかかっているということです。

近くの住民は

火災が起きたアスクルの物流倉庫の近くに住む60代の女性は、「きのうからずっと心配で、外の状況が見られるように雨戸を閉めないようにしています。火の粉が倉庫の近くの雑木林に飛んで燃え広がらないか心配です」と話していました。

また、60代の男性は「近くの道路が通れなくなったり、水道の水量も悪くなったりしていて不便さを感じていますが、こういう時はお互い様なので、しかたがないと思っています。消火活動を見ていると、水をかけているだけで燃え尽きるまで効果的な消火活動ができないようなので残念に思います」と話していました。