サムスン事実上のトップ逮捕 韓国メディア「大統領に衝撃」

サムスン事実上のトップ逮捕 韓国メディア「大統領に衝撃」
k10010880041_201702171204_201702171206.mp4
韓国最大の財閥、サムスングループの事実上のトップ、サムスン電子のイ・ジェヨン(李在鎔)副会長が17日朝、パク・クネ(朴槿恵)大統領やその知人の側への贈賄などの疑いで特別検察官に逮捕され、韓国メディアは、大統領側やサムスングループが衝撃を受けていると伝えています。
逮捕されたのは、韓国最大の財閥、サムスングループの事実上のトップ、サムスン電子の副会長を務めるイ・ジェヨン容疑者です。

イ副会長をめぐっては、グループ企業どうしの合併やグループ内の株式持ち合いに関して大統領府に協力を求め、それらの見返りにパク・クネ大統領や大統領の長年の知人のチェ・スンシル(崔順実)被告の側に巨額の資金を拠出したとして、贈賄や横領などの疑いが持たれています。

特別検察官がイ副会長の逮捕状を請求したのは先月に続いて2回目で、前回同様、裁判所が逮捕を認めないのではないかという観測が広がっていました。
しかし、ソウル中央地方裁判所は、16日から17日朝にかけて19時間に及ぶ審査の結果、新たに証拠資料が示されたことなどを重視して、逮捕を認めました。
これにより、特別検察官は、イ副会長に対する調べを加速させ、それを踏まえてパク大統領の聴取にも臨みたいとしており、公共放送KBSは「大統領側は衝撃を受けており、贈収賄が立件されるのかどうか、捜査の行方を最後まで見極めようとしている」と伝えています。

また、サムスングループは、「今後、裁判を通じて真実が明らかになるよう最善を尽くす」というコメントを出しましたが、トップが不在となる事態に、韓国メディアは「グループ内に動揺が広がっている」と伝えています。

韓国与野党の反応

イ・ジェヨン副会長が逮捕されたことについて、与党の「自由韓国党」は「今後の裁判で真実が明らかにされることを願う。サムスングループは国内最大の財閥であり、揺らぐことなく、韓国の経済活性化のためにまい進することを望む」として、韓国経済に影響がないように事業を進めてほしいという立場を示しました。

一方、最大野党の「共に民主党」は「イ副会長の逮捕は極めて当然の結果だ。一連の事件での政治と経済の癒着の核心はサムスンであり、徹底した捜査と厳正な審判を受けなければならない」としています。

第2野党の「国民の党」は「裁判所は賢明な判断をした。今回の逮捕をきっかけに、財閥と権力の癒着が再発しないことを希望する」としています。

2つのルートで捜査進める

特別検察官は、イ・ジェヨン副会長について、主に2つのルートの捜査を進めてきました。1つは、おととし7月、サムスングループ内で行われた、「サムスン物産」と「チェイル毛織」の合併です。この合併は、イ副会長がサムスングループの経営権を継承するうえで不可欠だったとされています。

しかし、合併の計画の段階で、サムスン物産の大株主であるアメリカの投資ファンドが強く反対し、株主総会で承認されるかどうか流動的でした。これに危機感を覚えたイ副会長側は、サムスン物産の別の大株主だった国民年金公団が合併賛成に回るよう大統領府に協力を求め、大統領府側がこれを受け入れて、公団を所管していた当時の保健福祉相を通じて公団に圧力をかけたというのが、特別検察官の見立てです。

もう1つは、合併後もグループ内の株式持ち合いに関して有利な取り計らいを受けられるよう、大統領府に協力を求めたとされるものです。

公正取引委員会はサムスングループに対し、グループ内の企業間で過度に株式を持ち合っている状態を緩和するため、「サムスンSDI」が保有しているサムスン物産の株式のうち1000万株を売却するよう求める方針を決めたあと、大統領府の圧力を受けて、売却を求める株数を半分に減らしたとされています。

いずれの事件でも、その見返りとして、イ副会長がパク・クネ大統領やチェ・スンシル被告の側に巨額の資金を拠出した、贈賄などの疑いが持たれています。