サウジアラビアで「コミコン」初めて開催

サウジアラビアで「コミコン」初めて開催
中東のサウジアラビアで、アニメや漫画などポップカルチャーをテーマにした「コミコン」と呼ばれる大規模なイベントが初めて開催され、日本のアニメグッズなどが若者たちの間で人気を集めています。
これは、世界各国で開かれているアニメや漫画、それに、ゲームなどをテーマにした大規模なイベント「コミックコンベンション」、略して「コミコン」と呼ばれるもので、サウジアラビアでは初めて開催されることになり、16日から3日間の日程で始まりました。

会場では、アニメグッズや漫画本などが販売されているほか、みずからの作品を展示販売するアーティストたちもブースを構えました。

日本のアニメグッズやキャラクターをモチーフにした作品なども並べられ、人気を集めていて、グッズを購入した人たちは「日本のアニメを見て育ったから日本のものが好きだ」などと話していました。

このほか、お気に入りのキャラクターの衣装を着る、いわゆるコスプレを楽しむ若者たちの姿も目立ちましたが、イスラム教の厳格な解釈に基づく統治が行われているお国柄だけに、女性が男性の前で肌をさらさないよう女性専用のコーナーも設けられていました。

サウジアラビア政府は、石油に依存する経済からの脱却を目指す1つの柱としてエンターテインメント産業の育成を掲げていますが、「コミコン」は去年新設された娯楽庁が後援し、こうした政策の一環として開催されています。