登山家の平出和也さんに植村直己冒険賞

登山家の平出和也さんに植村直己冒険賞
世界を舞台に活躍する冒険家に贈られる「植村直己冒険賞」に、困難な未踏ルートの開拓に挑戦してきた登山家で山岳カメラマンとしても活躍する平出和也さんが選ばれました。
この賞は、世界的な冒険家で昭和59年に北アメリカのマッキンリーで消息を絶った植村直己さんを記念して、ふるさとの兵庫県豊岡市が世界を舞台に活躍する冒険家に毎年、贈っています。

ことしの受賞者には、横浜市在住の登山家で山岳カメラマンとしても活躍する平出和也さん(37)が選ばれ、16日、東京都内で記者会見が開かれました。

平出さんは、世界最高峰のエベレストをはじめ、標高8000メートル級の山への登頂に次々と成功してきたほか、困難な未踏ルートの開拓にも多数、挑戦してきました。山岳カメラマンとしての活動にも力を注ぎ、カメラなどの重い機材を担ぎながら山に登って優れた写真を撮る技術が高く評価されました。

平出さんは、「応援してくれる仲間たちと一緒に頂いた賞だと感じている。これまでの冒険の中で仲間を失ったこともあり、登山を辞めようと思うことも何度もあったが、志半ばでリタイアした仲間の思いとともに冒険を続けていきたい」と話していました。