男子中学生4階から転落死か インフルエンザ治療薬を服用

男子中学生4階から転落死か インフルエンザ治療薬を服用
k10010877851_201702152054_201702152100.mp4
東京・品川区のマンションの敷地で14日、男子中学生がフェンスにひっかかっているのが見つかり、まもなく死亡しました。男子生徒は4階の自宅の部屋から転落したと見られていますが、インフルエンザにかかって、治療薬を服用していたということで、警視庁が当時の詳しい状況を調べています。
14歳の中学2年の男子生徒が転落したのは東京・品川区のマンションで、14日午後1時前、4階に住む女性から「インフルエンザにかかって部屋で休んでいた息子がいなくなった」と警視庁に通報がありました。

警察官が駆けつけたところ、男子生徒がマンションの敷地内でフェンスにひっかかっているのが見つかり、病院に運ばれましたが、まもなく死亡しました。

警視庁によりますと、現場の状況などから、男子生徒はマンションの4階にある自宅の部屋の窓から転落したと見られるということです。男子生徒は、この日の午前中に病院でインフルエンザと診断され、治療薬の「リレンザ」を服用し、室内で寝ていたということです。

厚生労働省によりますと、未成年の患者が「リレンザ」を服用したあとに、走り出したり、暴れたりするケースがこれまでにも報告されていますが、薬との因果関係はわかっていないということです。

また、薬を服用していなくてもインフルエンザの患者が暴れるケースも報告されているということです。警視庁が当時の詳しい状況を調べています。