NHK職員着服の疑い 総務省が厳重注意

NHK職員着服の疑い 総務省が厳重注意
k10010837181_201701121809_201701121810.mp4
NHK横浜放送局営業部の職員が数十万円を着服していた疑いがあることがわかったことについて、総務省はNHKに対し、国民・視聴者の信頼を損なうものだとして厳重注意するとともに、再発防止策などを求める行政指導の文書を出しました。
これはNHK横浜放送局営業部の40代の男性職員が、おととしから去年にかけて受信料の払い戻しが必要になったなどとして架空の伝票を使ってNHKから数十万円を着服していた疑いがあることがNHKの内部調査でわかったものです。

この職員は、内部調査の途中の去年10月に死亡したということで、NHKは、こうした事実を、おととい公表し「誠に遺憾であり再発防止に努める」としています。

今回の問題について、総務省は、「職員による受信料の着服が発生したこと、さらに去年10月に把握しながら公表しなかったことは受信料収入によって成り立つNHKに対する国民・視聴者の信頼を著しく損なうものだ」などとして、NHKに対し、厳重注意するとともに、業務の実施体制などを見直し、今月末までに再発防止策を示すよう求める行政指導の文書を高市総務大臣名で出しました。

NHKは、「厳重注意を真摯(しんし)に受け止め、原因や経緯について速やかに報告するとともに、再発防止策を早急に取りまとめます」としています。