首相 フィリピンに到着 ドゥテルテ大統領と会談へ

首相 フィリピンに到着 ドゥテルテ大統領と会談へ
安倍総理大臣は12日午後、フィリピンに到着し、このあとドゥテルテ大統領と会談して、両国の連携を強化するため、違法薬物対策やインフラ整備への支援などをめぐって意見を交わすことにしています。
安倍総理大臣は、12日から6日間の日程で、フィリピン、オーストラリア、インドネシア、ベトナムの4か国を訪れ、各国の首脳と会談する予定で、12日午後、最初の訪問国であるフィリピンの首都マニラに到着しました。

このあと、安倍総理大臣は、ドゥテルテ大統領との首脳会談に臨むことにしています。

この中で、安倍総理大臣は、両国の連携を一層強化するため、ドゥテルテ大統領が重点的に取り組んでいる、違法薬物対策や治安・テロ対策、地下鉄などの交通インフラ整備への支援などをめぐって意見を交わすことにしています。

また、安倍総理大臣は、中国が、南シナ海などで海洋進出を強めていることを踏まえ、ドゥテルテ大統領との間で、海洋における法の支配や航行の自由の重要性などを改めて確認したい考えです。