トランプ次期大統領会見 証券会社でも対応に追われる

トランプ次期大統領会見 証券会社でも対応に追われる
k10010836661_201701121214_201701121215.mp4
アメリカのトランプ次期大統領の記者会見が終わり、東京都内にある証券会社のトレーディングルームでは、顧客からの問い合わせの対応に追われました。
東京・中央区にある証券会社では、午前7時半すぎにミーティングが行われ、担当者が、トランプ次期大統領の記者会見について、「マーケットが驚くようなサプライズ=驚きはなかったが、メキシコに工場を作った会社を対象にした保護主義的な話が出ていたので引き続き影響を注視していく必要がある」と話していました。

12日の東京株式市場は、午前中から、輸出関連の銘柄などに売り注文が広がって日経平均株価が値下がりし、トレーダーたちは、客からの問い合わせの対応に追われていました。東海東京証券のトレーダーの荻原拓平さんは、「記者会見では、貿易不均衡の話で日本が挙げられたことが株が売られる材料となった。ただ、長期的にはアメリカの株高の流れは変わらず、日本でも株価の下落は限定的、短期的なものにとどまるのではないか」と強気な見通しを示していました。

株式市場の動きは

東京・中央区にある証券会社では、午前7時半すぎにミーティングが行われ、担当者が、トランプ次期大統領の記者会見について、「マーケットが驚くようなサプライズ=驚きはなかったが、メキシコに工場を作った会社を対象にした保護主義的な話が出ていたので引き続き影響を注視していく必要がある」と話していました。

12日の東京株式市場は、午前中から、輸出関連の銘柄などに売り注文が広がって日経平均株価が値下がりし、トレーダーたちは、客からの問い合わせの対応に追われていました。東海東京証券のトレーダーの荻原拓平さんは、「記者会見では、貿易不均衡の話で日本が挙げられたことが株が売られる材料となった。ただ、長期的にはアメリカの株高の流れは変わらず、日本でも株価の下落は限定的、短期的なものにとどまるのではないか」と強気な見通しを示していました。

円相場の値動きは

一方、東京都内にある銀行のディーリングルームでは、午前8時半ごろから、外国為替のディーラーたちが会見前後の値動きを確かめたうえで、顧客の注文に応じていました。

円相場の値動きについて、三井住友信託銀行の瀬良礼子マーケット・ストラテジストは、「経済政策について具体的に言及するという期待感もあって、会見の前はドルが買われていたが、発言がなかったことが失望につながり、ドルが売られて円が買われた。また、保護主義的な発言は、今後、ドル高が進んだ時にドル安に誘導するのではという連想が働きやすく、これも円が買われる要因となった」と話していました。
そのうえで、今後の見通しについては、「予算の編成方針を示す『予算教書』を作成する際に、景気を押し上げるポイントとなる減税やインフラ投資の具体策をどにように盛り込むかが注目されている。ただ、これまでの大統領とコミュニケーションの方法が全く違うこともあり、外国為替市場は、上下動が大きい局面が続くのではないか」と話しています。