NY外国為替市場 円相場値上がり メキシコ ペソ最安値更新

NY外国為替市場 円相場値上がり メキシコ ペソ最安値更新
k10010836391_201701120714_201701120717.mp4
11日のニューヨーク外国為替市場は、トランプ次期大統領の記者会見で投資家が期待した経済政策に関する具体的な言及がなかったことから、いったんドルを売って円を買う動きが強まり、円相場は一時、およそ1か月ぶりに1ドル=114円台前半まで値上がりしました。
11日のニューヨーク外国為替市場は、トランプ次期大統領が具体的な経済政策を示すという期待感からドルが買われ、会見が始まる前には円相場が1ドル=116円台後半まで値下がりしました。

しかし、会見で投資家が期待した減税の内容や貿易政策の方針などへの具体的な言及がなかったことから、これまで上昇傾向が続いたドルを売って円を買う動きが広がりました。

このため、円相場は一時、会見前と比べて2円以上高い114円台前半まで値上がりし、およそ1か月ぶりの円高ドル安水準となりました。

市場関係者は「投資家はトランプ氏が訴えてきた減税の幅やスケジュールなど景気刺激策の具体的な内容を期待していたためいくぶん失望している。また、アメリカの長期金利が低下していることもドルを売る要因になっている」と話しています。

メキシコ ペソが最安値更新

トランプ次期大統領が記者会見でメキシコとの間に壁を築くと改めて発言し、強硬な姿勢を崩さなかったことを受けて、11日のニューヨーク外国為替市場では、メキシコの通貨ペソが大きく売られ、ドルに対して最安値を更新しました。

貿易政策でも、トランプ氏は、メキシコが加盟するNAFTA=北米自由貿易協定の見直しを訴えているほか、メキシコに生産拠点を置く企業への批判を強めていて、メキシコ経済の先行きへの懸念が強まっています。

通貨ペソはことしに入ってドルに対し5%以上、値下がりしていて、主な通貨の中ではトルコのリラに次ぐ下落幅となっています。