トランプ次期大統領会見 米主要メディア ロシア関連中心に速報

トランプ次期大統領会見 米主要メディア ロシア関連中心に速報
トランプ氏が去年の大統領選挙に勝利して以来、初めて行った記者会見について、アメリカの主要メディアは、ロシアとの関係や選挙期間中のハッキングなどに関するトランプ次期大統領の発言を中心に速報で伝えました。
このうち、ニューヨークタイムズは、ウェブサイトで「ロシアはおそらく選挙に干渉したと認め、トランプ氏は譲歩した」とする見出しで、これまでトランプ氏は当選を助けるためにロシアが妨害活動を行ったという見方を否定してきたが、初めて認めたと伝えました。

また、トランプ氏の弱みを握ろうとロシアの情報機関が本人の不名誉な個人情報をつかんでいるとアメリカの主要メディアが伝えたことについて、トランプ氏は記者会見の冒頭で「偽のニュースだ」と反論しましたが、全国紙のUSAトゥデーは「トランプ氏はロシアによる脅迫を否定し、プーチン大統領を守った」と伝えました。