J2横浜FCの三浦知良 初の50代Jリーガーに

J2横浜FCの三浦知良 初の50代Jリーガーに
来月50歳になるサッカーJ2・横浜FCの三浦知良選手が契約を更新し、今シーズン、史上初の50代のJリーガーとしてプレーすることになりました。
「カズ」の愛称で親しまれている三浦選手は今シーズンがプロ32年目で、1993年のJリーグ発足時からプレーしている現役最年長の選手です。

昨シーズンは、出場20試合で2得点を挙げ、みずからの持つJリーグの最年長出場と最年長得点の記録をいずれも更新し、クラブ側も年齢を感じさせないプレーを評価していて、三浦選手の背番号にちなみ、11日午前11時11分に契約更新を発表しました。

三浦選手はJ2が開幕する来月26日が50歳の誕生日で、史上初の50代のJリーガーとしてプレーすることになります。

三浦選手は「いつも支えてくれているチームメートやサポーターとともに、今シーズンも全力で戦い続けたいと思います」とチームを通じてコメントしています。

三浦選手は今月5日からグアムで自主トレーニングに入っていて、帰国後はチームのキャンプに参加して、新たなシーズンに備えるということです。