40年後の未来へ 福島第一原発の今

東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

9月18日のニュース

汚染地下水の計画で漁業者に説明

  • 井戸

東京電力福島第一原発で、汚染された地下水を浄化して海に排水する計画について、東京電力は、18日、福島県いわき市で一般の漁業者への初めての説明会を開いて、計画の実施に理解を求めましたが漁業者側からは、反発する声が相次ぎました。

東京電力は、福島第一原発の汚染水対策の一環として、建屋の周囲にある「サブドレン」と呼ばれる井戸などからくみ上げた地下水を浄化したうえで、海に排水する計画を示しています。
18日は、この計画について、東京電力と国が一般の漁業者への初めての説明会をいわき市で開き、市内の漁業者およそ90人が参加しました。
この中で、東京電力側は、汚染された地下水を浄化したうえで水質調査を行い、基準値を下回ったものに限って海に放出することなどを説明し、理解を求めました。
しかし、漁業者側からは「処理しても汚染水であることに変わりはない。本当に安全だと言えるのか」とか、「試験操業が進んでいるなかで万が一、トラブルで汚染水が流れたら福島の漁業は立ち直れなくなる」などと反発の声が相次ぎました。
また、会場に入りきれなかった漁業者もいたことから、再度、説明会を開くべきだという意見が出されたため、今後、改めて説明会を開くことになりました。
参加した漁業者の男性は「理解を得たいならすべての漁業者を集めた場で説明し、説得すべきだ。調査をもっと継続して行い、漁業者が納得できるようなデータを示すべきだ」と話していました。
東京電力福島復興本社の新妻常正副代表は「計画に対して疑念や不安を持たれていると感じた。今後も、漁業者の方々の一つ一つの疑念に対して丁寧に答えて、説明を続けていきたい」と話していました。
いわき市漁協の矢吹正一組合長は「排出した水からもし高い濃度の放射性物質が出たら、福島の漁業が終わってしまう。漁業者から反発する声が上がるのは理解できるが、話し合いは進めないといけない。東京電力はお願いする立場なのだから、納得するまで何度でも説明をすべきだ」と話していました。

9月18日のニュース一覧