東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

8月7日のニュース

福島 最後の避難区域を見直しへ

政府は、7日、原子力災害対策本部を開き、原発事故に伴う避難区域の見直しが唯一、行われていなかった福島県川俣町の山木屋地区について、8日午前0時に区域の見直しを実施することを決めました。
政府は、原発事故の影響で警戒区域などに指定した福島県内の11の市町村について、放射線量に応じて3つの区域に再編を進めてきました。
このうち、唯一、見直しが終わっていなかった川俣町の山木屋地区について、政府は7日開いた原子力災害対策本部の会議で、8日午前0時に区域の再編を実施することを決めました。
具体的には、住民およそ130人の自宅があり、放射線量が比較的高い一部の地域については引き続き避難を求める「居住制限区域」に、それ以外の地域については住民の早期帰宅を目指す「避難指示解除準備区域」に見直します。
会議で安倍総理大臣は「住民の方々の帰還に向けた新たなスタートラインに立った。区域見直しの完了を契機に、全閣僚は改めて地元の意見をしっかり聞き、福島の再生の具体策の検討を急いでもらいたい」と述べました。
これにより、福島県内の避難区域の見直しはすべて終わることになり、今後、新たな区域に応じて損害賠償の手続きや除染などが進められる見通しです。

8月7日のニュース一覧