40年後の未来へ 福島第一原発の今

東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

6月19日のニュース

基準超のストロンチウムとトリチウム検出

  • 井戸
  • 2号機

東京電力福島第一原子力発電所で2号機の海側にある観測用の井戸で採取した地下水から、放射性物質のストロンチウムとトリチウムが、国の海への排出基準を上回る高い濃度で検出されました。
東京電力は海に漏れ出していないかなどを詳しく調べることにしています。
東京電力によりますと先月から今月にかけて福島第一原発2号機のタービン建屋の海側にある観測用の井戸で採取した地下水から、放射性物質のストロンチウムとトリチウムが検出されました。
濃度はいずれも最大で、ストロンチウムが1cc当たり1ベクレルで、国の海への排出基準の30倍余り、トリチウムが1cc当たり500ベクレルで、基準の8倍余りだということです。
東京電力によりますと近くの海の放射性物質の濃度に大きな変化はないということですが、この井戸の水が海に漏れ出していないか詳しく調べることにしています。
今回、放射性物質が見つかった井戸は観測を強化するため、去年11月に掘られたもので、去年12月に行われた調査では、濃度はいずれも基準以下の値だったということです。
原因について東京電力は事故直後のおととし4月、2号機の海側で高濃度の汚染水が地面を通して海に漏れ出しており、そのときにしみこんだ水に混ざった放射性物質が地下水とともに移動して今回観測された可能性があるとしています。
一方、タービン建屋の地下には事故の影響で高い濃度の汚染水がたまっていますが、地下水のほうが水位が高いため、この汚染水が井戸に流れ込んだとはみていないということです。
東京電力は、近くの護岸を改良するなど、井戸の水が海に漏れないよう対策をとるとともに、観測用の井戸を増やして、監視を強化することにしています。

6月19日のニュース一覧