東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

4月7日のニュース

福島第一原発 別の貯水槽で汚染水漏れ

  • 汚染水貯蔵タンク

福島第一原発で地下に設置した貯水槽から汚染水120トン余りが漏れているのが見つかった問題を受けて、東京電力は、同じ構造を持つ、東隣にある別の貯水槽の調査結果を明らかにしました。
それによりますと、この貯水槽では、水漏れを防ぐための3重の遮水シートの外側の地盤付近で、放射性ストロンチウムなどが検出されたことから、汚染水が漏れていることが分かりました。
この貯水槽では1万トン余りの汚染水が保管されていますが、水位が下がっておらず、地盤付近のストロンチウムなどの濃度も低いことから、東京電力は、漏えいはごく僅かで、大量の漏えいが見つかった貯水槽のように水を移す作業は行わず、監視を続けるしています。
一方、大量の漏えいが見つかった貯水槽では、もともとあったおよそ1万3000トンを別の2つの貯水槽に移す作業を進めていて、作業は9日までかかるということです。
東京電力は「ご心配をおかけしたことを改めておわび申し上げます。いずれの貯水槽の漏えいも海への影響は今のところ確認されていない」と説明しています。
増え続ける汚染水を巡っては、タンクや貯水槽の貯蔵容量のうち、すでに8割がうまっていて、今回、大量に保管できる同じ構造の地下の貯水槽7か所のうち2か所で漏えいが見つかったことにより、東京電力は、今後、汚染水対策の見直しを迫られる可能性も出てきました。

4月7日のニュース一覧