東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

4月7日のニュース

別の原発貯水槽でも水漏れか

  • 汚染水貯蔵タンク

地下の貯水槽から大量の汚染水の漏えいが見つかった東京電力福島第一原子力発電所で、別の貯水槽からも少量の汚染水が漏れ出ている可能性のあることが分かりました。
今のところ貯水槽の水位に変化はなく、東京電力は慎重に監視を続けるとしていますが、今後、たまっている汚染水の扱いを巡って難しい対応を迫られそうです。
福島第一原発では地下に設置した貯水槽から汚染水120トン余りが外に漏れ出ているのが確認され、6日から貯蔵してある1万3000トンの汚染水を別の2つの貯水槽に移す作業を進めています。
移送には3日以上かかる見込みで、東京電力は作業を急ぐとともに、水漏れが確認された貯水槽と同じ構造を持つほかの貯水槽でも水漏れがないか確認を進めていました。その結果、問題の貯水槽の東隣にある別の貯水槽でも、水漏れを防ぐための3重の遮水シートの1番外側の地盤付近などで、微量の放射性物質が検出されました。
今のところ貯水槽の水位に変化はないということですが、東京電力は少量の水漏れが起きている可能性があるとして、水位の変化や放射性物質の濃度などを継続して監視するとしています。
増え続ける汚染水の保管を巡っては、現在、タンクや貯水槽あわせて35万トンある貯蔵容量のうち、すでに8割が埋まっていて十分な余裕がない状態です。
今回、大量に保管できる地下の貯水槽の複数で水漏れの可能性が出てきたことで、東京電力は、今後、たまっている汚染水の扱いを巡って難しい対応を迫られそうです。

4月7日のニュース一覧