東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

3月11日のニュース

東電社長 現地対策本部で訓示

東京電力福島第一原子力発電所では、事故から1年になるのに合わせて現地の対策本部に西澤俊夫社長が訪れ黙とうをささげるとともに、「被害者の方々の苦しみを心に刻み、この難局に一致団結して取り組んでいく」と訓示しました。
福島第一原発では震災から1年になる11日、収束作業の対策本部になっている免震重要棟に西澤社長が訪れ、地震が起きた午後2時46分に合わせて、現地の社員200人と共に黙とうをささげました。
このあと西澤社長が訓示を述べ、その様子は、東京本店の会議室にも中継映像で映し出されました。
この中で、西澤社長は「福島第一原発の事故で、周辺自治体や福島県、そして日本全国の皆さんにご迷惑、ご苦労、ご心配をおかけして、心よりおわびします」と改めて謝罪しました。
そのうえで、「被害者の方々の思いや苦労を社員一人一人が心に刻み、この難局に一致団結して取り組んでいく所存です」と述べました。
中継映像が映し出された東京本店には幹部社員150人ほどが集まり、終止うつむいたまま、固い表情で訓示に耳を傾けていました。

3月11日のニュース一覧