東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

12月16日のニュース

首相 “冷温停止安定”宣言へ

野田総理大臣は、16日、東京電力福島第一原子力発電所の事故について、「原子炉が『冷温停止状態』に達し、安定状態に至った」として、事故の収束に向けた工程表の「ステップ2」の達成を宣言することにしています。
国と東京電力は、事故の収束に向けた工程表を作って対応にあたっており、ことし10月、原子炉の冷温停止などを要件とする「ステップ2」を年内に達成することを目標に掲げました。
そして、政府はこれまでに、原子炉の圧力容器の底部や格納容器の中の温度がおおむね100度以下となっていること、放射性物質の放出が抑えられ原発の敷地境界の被ばく線量が年間1ミリシーベルトを下回っていることなど、「ステップ2」の要件を満たしたことを確認したとしています。
このため、政府は、16日夕方、すべての閣僚が出席して原子力災害対策本部を開き、「ステップ2」の達成を確認したあと、野田総理大臣が記者会見を行い、達成を宣言することにしています。
原子炉の状態が安定したことを受けて、政府は、事故に伴って設定した警戒区域と計画的避難区域の見直しを本格化させる方針です。
ただ、こうした区域の中には、依然として放射線量が相当高く、長期間帰宅が困難な地域もあることから、細野原発事故担当大臣らは今週末、被災地に入り、自治体の市長や町長らと対応を協議することにしています。

12月16日のニュース一覧