東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

12月12日のニュース

政府「冷温停止状態」16日宣言へ

福島第一原子力発電所の事故収束の前提になっている、東京電力がまとめた、今後3年程度の安全対策について、国の原子力安全委員会は問題ないとして了承しました。
この結果、事故の収束に向けた工程表の「ステップ2」を達成する条件はすべてそろったことになり、政府は今月16日にも原子炉の「冷温停止状態」を宣言する予定です。
東京電力は、事故の収束に向けた作業状況を記した工程表で、「ステップ2」と呼ばれる目標を達成するため、収束後の3年間程度を見据えて、原子炉の冷却方法や水素爆発を防ぐ対策などを盛り込んだ、中期的な安全対策を取りまとめました。
これについて、国の原子力安全・保安院は、今月9日、「内容は妥当」と判断したうえで、12日に原子力安全委員会に説明し、最終的な審査を受けました。
委員から「原子炉は安定した状態に向かう途中で、トラブルの可能性は残っている」「長い期間に及ぶので、設備の耐久性を監視すべきだ」などの指摘が出ましたが、対策は最終的に了承されました。
班目春樹委員長は「安全対策は問題はないが、原発は壊れているうえ、原子炉内の状況も分からず、今後、何が起こるかを予想するのは難しい。考えられる対策をできるだけ早く行うべきだ」と話していました。
原子力安全委員会の了承によって、「ステップ2」を達成する条件はすべてそろったことになり、政府は今月16日にも、原子炉の「冷温停止状態」を宣言し、避難区域の見直しにつなげることにしています。

12月12日のニュース一覧