東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

9月28日のニュース

すべての原子炉温度 100度を下回る

東京電力福島第一原子力発電所では、28日夕方、2号機の原子炉周辺の温度が事故発生以来初めて、100度を下回りました。
これですべての原子炉の周辺温度が、「冷温停止」の目安となる100度を下回ったことになります。
東京電力福島第一原発では、事故の収束に向けて、原子炉の温度が安定して100度を下回る「冷温停止」の状態を目指して冷却作業が続けられています。
こうしたなか、最後まで100度を上回っていた2号機の原子炉の下部の温度も28日午後5時の時点で99.4度となり、3月の事故発生以来初めて、100度を下回りました。
1号機と3号機では、8月以降、すでに下回っていて、これですべての原子炉の周辺温度が100度を切ったことになります。
原子炉の「冷温停止」は、温度が継続的に100度を下回り、トラブルが起きても状態が安定していることなどが条件となることから、今回の温度の低下が即座に「冷温停止」に結びつくわけではありませんが、東京電力は、これまでの冷却作業の成果が出たものとみています。
東京電力の松本純一本部長代理は「原子炉が冷温停止したと判断するにはまだ早いと感じている。今後は、冷却システムの信頼性を確保することが重要になる」と話しています。

9月28日のニュース一覧