東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

8月31日のニュース

放射性物質含む水浴びる 作業員被ばく

31日午前、東京電力福島第一原子力発電所の汚染水の処理装置で作業をしていた男性作業員2人が、誤って放射性物質を含む水を浴びたことが分かりました。
2人にやけどなどの症状はないということで、東京電力で詳しい状況を調べています。
31日午前9時半すぎ、東京電力福島第一原発で、下請け企業の男性作業員2人が、汚染水を処理する装置の交換済みの容器から水を抜く作業をしていたところ、突然、容器から水が流れ出て作業員にかかりました。
東京電力で調べたところ、このうち1人は放射線を測定する機器の測定限度以上の放射性物質が体に付着していたため除染を行ったということで、0.16ミリシーベルトの被ばくをしました。
また、もう1人はカッパを着ていたことなどから、体に付着した量は少なかったということですが、0.14ミリシーベルトの被ばくをしたということです。
当時2人ははしごを使って作業をしていて、かっぱを着てはしごに乗った作業員が容器からホースを外したところ、弁が開いていたため放射性物質を含む水が流れ出てきて、下ではしごを支えていた作業員にも水がかかったとみられるということです。
2人ともやけどなどの自覚症状はなく、内部被ばくも確認されなかったということで、東京電力は詳しい状況を調査しています。
福島第一原発の事故を収束させる上で重要な汚染水処理装置を巡っては、今月28日にも部品を交換していた東京電力の社員2人が誤って被ばくをしていたことが明らかになっています。

8月31日のニュース一覧