東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

7月31日のニュース

4号機 プール冷却装置本格運転開始

東京電力福島第一原子力発電所では、水温が高い4号機の使用済み燃料プールで、水を冷やす冷却装置の運転が本格的に始まりました。
4号機の使用済み燃料プールは、核燃料を束ねた燃料集合体が福島第一原発の中では最も多い1535体入っていますが、爆発でプールを支える壁が壊れたほか、水温が、31日午前の時点でも86度と高い状態が続いています。
東京電力は、鋼鉄製の柱やコンクリートで壁を補強するとともに、プールの水を冷やして戻す循環型の冷却システムを作るため熱交換器を備えた冷却装置を設置し、31日午前10時すぎから装置の試運転を始めました。
そして、装置に水を流す量を段階的に増やして午後0時40分すぎからは本格運転に移行し、東京電力によりますと、プールの水温は、午後5時現在で82度から84度程度だったということです。
東京電力は、遅くとも1か月以内にはプールの水温を55度程度に下げ、安定的な冷却を目指すことにしています。
福島第一原発では、2号機と3号機の使用済み燃料プールでも、水の冷却が進められていて、東京電力は、残る1号機でも冷却装置の設置工事を進め、8月上旬には試運転を始めたいとしています。

7月31日のニュース一覧