東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

6月8日のニュース

福島 JAが土壌汚染調査へ

東京電力福島第一原子力発電所の事故で、JA全農福島は、県内の合わせて5000か所の田畑を目標に、放射性物質による土壌汚染を独自に調査することにしています。
JA全農福島は、農家から「自分の田んぼや畑の放射性物質の影響を知りたい」という声が相次いだことから、放射性物質による土壌汚染を独自に調査することにしました。
調査は、農家から送られた田んぼや畑の土を、JAの職員が調査用の機器を使って分析し、放射性物質の有無や濃度を調べます。
このため、JA全農福島は、1台およそ160万円の調査機器を3台購入したということです。
1件当たり数千円かかるとみられる調査費用は、地元の農協や農家が負担しますが、結果によっては、JAが、土壌改良の方法について相談に当たることにしています。
JA全農福島は、県内の5000か所を目標に、今月中にも調査を始める予定です。
JA全農福島は「自分の田んぼや畑について詳しい情報がなければ農家の不安は解消されない。国や県の対応を待つだけでなく、自分たちでできることはやりたい」としています。
福島県は「専門家の調査ではないので誤差もあるだろうが、さらに詳しい調査につなげることもできる。風評被害が深刻ななか、農家が安心して農業に携わるうえで効果的だ」と話しています。

6月8日のニュース一覧